800円 [セット品] 新之助シートマスク 赤3袋セット (10枚入り×3袋) しっとりもち肌 お米のマスク <30日間お試しセット> ビューティー スキンケア・ボディケア スキンケア・基礎化粧品 フェイスパック 800円 [セット品] 新之助シートマスク 赤3袋セット (10枚入り×3袋) しっとりもち肌 お米のマスク <30日間お試しセット> ビューティー スキンケア・ボディケア スキンケア・基礎化粧品 フェイスパック セット品 新之助シートマスク 即日発送 赤3袋セット 10枚入り×3袋 お米のマスク しっとりもち肌 <30日間お試しセット> セット品 新之助シートマスク 即日発送 赤3袋セット 10枚入り×3袋 お米のマスク しっとりもち肌 <30日間お試しセット> /contrapuntal390511.html,800円,[セット品],しっとりもち肌,(10枚入り×3袋),赤3袋セット,お米のマスク,the-lift.com,新之助シートマスク,ビューティー , スキンケア・ボディケア , スキンケア・基礎化粧品 , フェイスパック,<30日間お試しセット> /contrapuntal390511.html,800円,[セット品],しっとりもち肌,(10枚入り×3袋),赤3袋セット,お米のマスク,the-lift.com,新之助シートマスク,ビューティー , スキンケア・ボディケア , スキンケア・基礎化粧品 , フェイスパック,<30日間お試しセット>

セット品 新之助シートマスク 即日発送 赤3袋セット 10枚入り×3袋 期間限定 お米のマスク しっとりもち肌 <30日間お試しセット>

[セット品] 新之助シートマスク 赤3袋セット (10枚入り×3袋) しっとりもち肌 お米のマスク <30日間お試しセット>

800円

[セット品] 新之助シートマスク 赤3袋セット (10枚入り×3袋) しっとりもち肌 お米のマスク <30日間お試しセット>


商品の説明

濃厚とろみ美容液がお肌に浸透し、
うるおいを満たす

新之助マスクではお米のパッケージデザインになぞらえて、「白」と「赤」の2種類を開発しました。
くすみ肌が気になる方は透明あふれる雪肌成分配合の「白」マスクを。
乾燥肌が気になる方はしっとりもち肌成分配合の「赤」マスクを。
あなたのお肌の悩みに合わせて使い分けられるよう、工夫しています。お米のやさしさをお肌で感じてみてください。


はじまりです。
新潟から、日本のお米の新基準。

日本一栽培が難しいと言われたコシヒカリをトップブランドへと育て上げた、農家の伝統。何代にもわたって独自の方法を築きイノベーションを重ね続けた、研究の軌跡。そんな米どころとしての歴史を誇る新潟が、今、新たに。現代の食風景と向き合い、かつてない「米づくり」に挑戦しました。それは、おいしいお米を最高の状態で食べていただくために、田んぼから食卓まで、しっかりとおいしさを導くということ。
ついに誕生した新潟米「新之助」は、きらめく大粒にコクと甘みが満ちていてごはんの可能性が、無限に広がります。日本の食の未来を切り開くお米です。

新之助生産者の声
新潟県新潟市 袖山商店様

私たちは新潟平野のほぼ中央に位置した、新潟市南区で米づくりをしています。 お米は、人が手をかければかけた分だけおいしく育って くれます。 新之助はおいしいお米を最高の状態で食べていただくために、田んぼから食卓まで、 しっかりとおいしさをつないでいきたいと考えのもと生産されるため、 食味・品質基準をしっかり管理しながら生産しています。

皆様に安心してもらうために、自然と上手に付き合いながら 「新之助」に相応しい「食味・品質」と「安全・安心」を確保するため試行錯誤しながら、 ITをはじめとした栽培技術を積極的に取り入れ、全ての人に安心・安全な新しい米づくりを目指しています。

新之助マスク赤 新之助マスク白 新之助マスク赤1枚 新之助マスク1枚入白 [赤]新之助マスク10枚入り×3袋 [白]新之助マスク10枚入り×3袋
[赤]新之助マスク10枚入 [白]新之助マスク10枚入 [赤]新之助マスク1枚入×7袋SET [白]新之助マスク1枚入×7袋SET [赤]新之助マスク10枚入×3袋SET [白]新之助マスク10枚入×3袋SET

[セット品] 新之助シートマスク 赤3袋セット (10枚入り×3袋) しっとりもち肌 お米のマスク <30日間お試しセット>

フィリピンで国際協力活動をしているアクセスフィリピンの日本人スタッフのブログです。

 フィリピンでの新型コロナ感染者数は、また前日の倍近い17,220人に達しました。
 果たしてこの中に私も含まれているかどうか、何とも気になります。昨日受けたコロナ検査の登録番号でトレースしてみたら、まだ検査室にある、ということで、どうも今日は結果がわからないようです。
 ところで、この感染者数について、フィリピンのマスコミが大騒ぎになっているのですが、一つ見ておく必要があると思うのは、致死率との関係です。
 感染急増の始まる前日の12月22日と比べると、感染件数は、今日が80倍近い数になっていますが、死者数は、今日のほうが12月22日よりも少ない数になっています。
 当然、これから死者数が増える可能性はあるのですが、陽性判定者のうちの無症状・軽症の人の比率が、12月22日はわずか40%なのに対し、今日は91.6%となっています。
 つまり、陽性と判定されても、症状の軽い人が10人に9人なので、高い確率で回復できる、ということになります。
 ということで、注意はしなければいけないけれど、過度の恐怖を煽るのもいけない、ということが言えると思います。
1月1日の朝から、ゴミ収集のトラックが次々とゴミを運んでいます。
 2021年のゴミを片付けて、新しい年を迎えるために朝早くから働いている清掃労働者たちに感謝です。
 それに比べると、政治家たちは政争に明け暮れ、高給層は盛装に明け暮れ、というコントラストを感じます。
 こうしたトラックとは別に、手押し車でゴミを拾い集めている人々も多く、年末年始はゴミの質もいいので、稼ぎ時のようです。

今日のアフガニスタンのニュースを見ていたら、「ナカムラ氏の歩んだ道に続く人々により、灌漑用水ダムや水路の建設が行われている」というタイトルの動画がありました。
 راه ناکامورا را مردم با بند سازی و مهار آب ادامه می‌دهند
 このアラビア文字の文章を機械翻訳にかけてみてもらうと、ナカムラという文字の入った文章が出てきます。
 また、音声の中でも、「ハポニスタン」というのが聞こえたのですが、これは、ハポン(日本)+スタン(~人)と言っているのだろうと思います。別の動画では、「ジャパニスタン」という言い方をしていました。辞書を見ると、「ニポニスタン」とも言うようです。
 これまで毎日のようにアフガニスタンのニュースを見ていますが、ダムや水路、橋などの工事のようすが頻繁に出てきます。ただし、その作業の多くは手作業だったり、石を積み上げたものも多いです。
 また、工事のための費用は、海外にいるアフガン人や、アフガン支援のイスラム教徒などからの個人的寄付に頼っているものが多いように見受けられます。
 しかし同時に、重機も工事に使われたりしていて、そうした重機の操作や、測量器の操作のできる技能を持った人もいるのが伺えます。
 こうした様子を見る限り、アフガニスタンの人々が、食糧支援などを待つだけでなく、土木工事などをして生産基盤の整備をしている姿勢が感じられます。

↑このページのトップヘ